Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増

不正アクセスを認知したきっかけとしては、「利用権者からの届け出」が852件で57.3%を占めた。次いで「アクセス管理者からの届け出」が345件、「警察活動」が269件、「発見者からの通報」が16件だった。

不正アクセス後の行為を見ると、「メールの盗み見など情報の不正入手」が25.9%にあたる385件でもっとも多く、前年の約2.6倍に拡大した。

「オンラインバンキングでの不正送金」が330件、「オンラインゲーム、コミュニティサイトの不正操作」が199件、「仮想通貨交換事業者での不正送信」が169件と続く。

20190328_np_001.jpg
不正アクセス後の行為(グラフ:総務省)

(Security NEXT - 2019/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE
上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
警視庁とソースネクストがサイバー犯罪対応で協定
JSOLとBBSecが協業、クラウド導入とセキュ対策を提供
システム連携する決済サービスの不正利用対策に向けて検討会 - 経産省
政府、決済事業者に不正アクセスへの対策強化を要請
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
経産省、キャッシュレス決済事業者に不正対策要請 - 「7pay」でガイドライン守られず