Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増

不正アクセスを認知したきっかけとしては、「利用権者からの届け出」が852件で57.3%を占めた。次いで「アクセス管理者からの届け出」が345件、「警察活動」が269件、「発見者からの通報」が16件だった。

不正アクセス後の行為を見ると、「メールの盗み見など情報の不正入手」が25.9%にあたる385件でもっとも多く、前年の約2.6倍に拡大した。

「オンラインバンキングでの不正送金」が330件、「オンラインゲーム、コミュニティサイトの不正操作」が199件、「仮想通貨交換事業者での不正送信」が169件と続く。

20190328_np_001.jpg
不正アクセス後の行為(グラフ:総務省)

(Security NEXT - 2019/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国交省、自動運転車の安全基準を策定 - サイバーセキュリティの確保も
ほぼ15秒のセキュリティ啓発アニメ5作品を公開 - IPA
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
個情委、すみやかな報告呼びかけ - 未確定でも前広に
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
ヤフー、長期間利用ないアカウントを停止 - 不正利用対策で
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず