Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増

2018年における不正アクセスの認知件数は1486件で、前年を284件上回った。不正アクセス後の行為としては「情報の不正入手」が4分の1を占める。

総務省と経済産業省、および警察庁が2018年における不正アクセス行為の認知状況について取りまとめたもの。

認知件数には、不正アクセス被害の届け出を受理した場合のほか、余罪としてあらたな不正アクセス行為を確認した場合、報道を踏まえて不正アクセスの事実確認を行った場合、そのほか関係資料により不正アクセスの事実が確認できた場合が含まれる。

2018年の認知件数は1486件で、前年の1202件を284件上回った。不正アクセスを受けたコンピュータの管理者別認知件数では、「企業」が1314件、「大学、研究機関など」が161件、「行政機関など」が6件、「プロバイダ」が4件だった。

20190328_np_002.jpg
不正アクセスの認知件数(グラフ:総務省)

(Security NEXT - 2019/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
個情委、すみやかな報告呼びかけ - 未確定でも前広に
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
ヤフー、長期間利用ないアカウントを停止 - 不正利用対策で
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE
上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多