Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」に新版 - 2年4カ月ぶりの大幅改訂

情報処理推進機構(IPA)は、中小企業に求められるセキュリティ対策を示した「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」の第3版を公開した。専門用語を避け、理解しやすいよう工夫したという。

20190320_ip_001.jpg
中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン

同ガイドラインは、個人事業主、小規模事業者を含む中小企業において、経営者が実施すべきセキュリティ対策の指針や、組織内で対策を実践する際の手順や手法についてまとめたもの。経営者編と実践編で構成されている。

2016年11月に公開された第2版から2年4カ月ぶりの改訂となり、クラウドサービスの利用が進む現状や「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」の改訂などを受けて内容を刷新。

さらに専門用語の使用をできる限り避け、ITに詳しくない中小企業の経営者にとって理解しやすい表現となるよう工夫したという。

中小企業においてITの活用が進む一方、サイバー攻撃が巧妙化しており、事業に悪影響を及ぼすリスクが高まっていると同機構は指摘。サプライチェーンを構成する中小企業が狙われるケースもあり、早急に対策を講じるよう呼びかけている。

20190320_ip_002.jpg
ガイドラインの目次

(Security NEXT - 2019/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も
「情報セキュリティ対策支援サイト」を刷新 - IPA
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差
2019年4Qのクレカ不正使用被害は68.8億円 - 番号盗用が8割
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%