Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム

オプティムは、同社MDMサービス「Optimal Biz」の新版を提供開始した。Windows向けにSIMの抜き差しを監視する機能を追加した。

同サービスは、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などのモバイルデバイス管理が行えるMDMサービス。

新版では、Windows端末向けのSIM抜き差し監視機能を提供。支給された正規のSIM以外が挿入された場合や抜かれた場合にロック画面を表示し、端末の操作を制限する。

従来私物のSIMに入れ替えると、回線側で行っているウェブフィルタリングや閲覧履歴の収集など回避されるおそれがあるとして同機能を用意した。

同機能は、Windows基本機能に含まれる。1台あたり月額540円。初期費用は1契約あたり4万8600円。

(Security NEXT - 2019/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
「スミッシング訓練サービス」を開始 - GSX
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI