Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ(SDNA)は、Android向けアプリの脆弱性診断サービス「Secure Coding Checker」をラックに譲渡することで合意した。

同サービスは、Androidアプリの脆弱性を診断し、問題部分や原因などを表示するSaaS型サービス。2013年にスタートした。日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)の「Androidアプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド」に準拠している。

同ツールの開発資産や運用ノウハウをラックに譲渡することで合意した。譲渡金額などは明らかにしていない。また資産譲渡にともなう技術者の移籍などは発生しないという。

SDNAでは2020年3月26日18時をもってサービスを終了し、3月31日に譲渡が完了する見込み。

これを受けて、ラックでは2020年4月より「Secure Coding Checker」の提供開始する予定。今回の資産取得により、ラックでは脆弱性診断サービスのラインナップを拡大し、利用が拡大するスマートデバイスやIoT分野へのサービス強化を図る。

(Security NEXT - 2019/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS