Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

レンサバWAFの攻撃検知状況、半数超が「SQLインジェクション」

レンタルサーバにおけるウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の攻撃検知状況をジェイピー・セキュアが取りまとめた。「SQLインジェクション」が過半数を占める。

同社が、GMOペパボ協力のもと、2018年下半期に「ロリポップ!レンタルサーバー」で稼働するウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)において検知した脅威について、攻撃ログより分析したもの。

同期間中に検出した攻撃は1億3752万件。1日あたりに換算すると毎日約75万件の攻撃を検出したことになる。月別に見ると、11月以前は2000万件前後で推移したものの、12月は3000万件を超えた。

検知した攻撃を見ると、「SQLインジェクション」が56%と半数以上を占める。「クロスサイトスクリプティング(19%)」「ディレクトリトラバーサル(7%)」「OSコマンドインジェクション(5%)」と続く。

20190315_js_001.jpg
WAFで検知した攻撃の割合(グラフ:ジェイピー・セキュア)

(Security NEXT - 2019/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年2Qの脆弱性届出は499件、ウェブサイト関連が6倍に
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
75%がAI活用セキュリティツールを導入検討、一方利用者6割は「導入の意味知らず」
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
「SECURITY ACTION」宣言事業者の課題は? - 意識の低さや人材不足などに課題
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験