Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

流出した「宅ふぁいる便」顧客情報は481万5399件 - 受託ファイルの被害は確認されず

ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」が不正アクセスを受け、顧客情報が流出した問題で、オージス総研は具体的な被害件数を明らかにした。

同社によれば、流出した顧客情報は、プレミアム会員475万329件をはじめ、ビジネスプラス会員2万2569件、退会者4万2501件のあわせて481万5399件。一部サーバの脆弱性が突かれたのが不正アクセスの原因だとしている。

今回の問題を受け、同社では外部事業者の協力のもと、ログ分析といった調査を実施。これまで約480万件が流出したと説明してきたが、あらたな被害は確認されなかったとし、被害の範囲を確定させた。あわせて同サービス上で受託したファイルの外部流出についても否定している。

またこれら登録された情報のうち、134万8361件については、メールアドレスが無効で連絡が取れないとしている。

同社は、同サービスについて機能面なども含め、システムの再構築が必要であるとし、当面休止する方針で今後の対応については、決定次第アナウンスする予定。

(Security NEXT - 2019/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
レジ用品通販サイトに不正アクセス、顧客のメアドが流出
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も