Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」を利用したサイトが改ざんされ、「Trojan.JS.Redirector」を埋め込まれるケースが目立っている。

インターネットイニシアティブ(IIJ)が、同社マネージドセキュリティサービスにおいて1月に観測したマルウェアの状況を取りまとめたもの。同月はウェブアクセス時におけるマルウェアの検出数が、2018年12月と比較し、約5分の1の規模に縮小したという。年末年始の影響でアクセス数そのものが減少したことも影響したと同社では分析している。

ウェブアクセス時に検出されたマルウェアを見ると、サイト改ざんにより設置され、悪意あるサイトへリダイレクトする「Trojan.JS.Redirector」が全体の50.7%で最多だった。改ざんされたサイトの多くは、コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」を利用するサイトだった。次いで「Trojan.JS.Agent(18.4%)」「Trojan.PHP.WebShell(6%)」が多かった。

メール経由で検出されたマルウェアを見ると、前月から10ポイント後退したものの、ワーム「Mydoom」が29.8%でもっとも多い。以降は1割を切り、「Exploit.MSWord.Agent(9.9%)」「Backdoor.Win32.Androm(9.2%)」が続いた。

「Mydoom」は日々観測されているが、メールにおける同マルウェア以外の検出が、1月21日以降に偏る傾向が見られたと同社は指摘。20日以前の1日あたりの検出数はこれまでの約半数にあたる低水準で、21日以降は従来と同様の検出数に戻ったという。

(Security NEXT - 2019/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
不正プログラムとウイルスともに検出数が増加 - バックドアが約17倍に
12月上旬から特定ポート宛てのパケットが増加 - Windowsが発信元、共通の特徴見られず
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
トロイの木馬「Fareit」の添付メール、9割が同じ件名
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%