Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」を利用したサイトが改ざんされ、「Trojan.JS.Redirector」を埋め込まれるケースが目立っている。

インターネットイニシアティブ(IIJ)が、同社マネージドセキュリティサービスにおいて1月に観測したマルウェアの状況を取りまとめたもの。同月はウェブアクセス時におけるマルウェアの検出数が、2018年12月と比較し、約5分の1の規模に縮小したという。年末年始の影響でアクセス数そのものが減少したことも影響したと同社では分析している。

ウェブアクセス時に検出されたマルウェアを見ると、サイト改ざんにより設置され、悪意あるサイトへリダイレクトする「Trojan.JS.Redirector」が全体の50.7%で最多だった。改ざんされたサイトの多くは、コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」を利用するサイトだった。次いで「Trojan.JS.Agent(18.4%)」「Trojan.PHP.WebShell(6%)」が多かった。

メール経由で検出されたマルウェアを見ると、前月から10ポイント後退したものの、ワーム「Mydoom」が29.8%でもっとも多い。以降は1割を切り、「Exploit.MSWord.Agent(9.9%)」「Backdoor.Win32.Androm(9.2%)」が続いた。

「Mydoom」は日々観測されているが、メールにおける同マルウェア以外の検出が、1月21日以降に偏る傾向が見られたと同社は指摘。20日以前の1日あたりの検出数はこれまでの約半数にあたる低水準で、21日以降は従来と同様の検出数に戻ったという。

(Security NEXT - 2019/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
不正モバイルアプリ、1Qは減少 - ただし不正送金アプリは増加傾向
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き