Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ゆうちょ銀」の偽サイトに注意 - 「合言葉」など詐取

ゆうちょ銀行の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認されている。

注意喚起を行ったフィッシング対策協議会によれば、今回確認された攻撃では、「ゆうちょ銀行からのご連絡」といった件名でフィッシングメールを送信。

メールの本文では、「不正ログインされた可能性が高い」などと不安を煽り、リンク先へアクセスするよう求めていた。

誘導先のフィッシングサイトでは、同行の「ゆうちょダイレクト」を偽装。「顧客番号」や「合言葉」などを入力させる。

3月4日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、フィッシング対策協議会では類似したサイトに注意するよう呼びかけている。

お詫びと訂正:本記事初出時の記載について、一部日時の記載に誤りがありました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2019/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
11月のネットバンク被害、7.6億円 - 過去最悪の水準
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
ネットバンク不正送金の多発で金融庁が注意喚起
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
10月のフィッシングサイト、過去最多に - 報告は8000件を突破
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響