Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%

前回から順位をひとつ落とした「情報漏洩」は19.1%。前回と同じく6位だった「サイバー攻撃、ウイルス感染」は14.9%で、いずれも2割を切っている。

一方海外拠点が考える優先して着手すべきリスクとしては、「法令遵守違反」が23.6%でもっとも多く、「子会社に対するガバナンスの不全」が18.8%で続く。「情報漏洩」は12.9%で8位。「サイバー攻撃、ウイルス感染」は10位圏外だった。

リスクマネジメントプランの策定状況について聞いたところ、国内本社は「実施している」が61.9%で「一部実施している」が26.5%。あわせて88.4%が実施していた。ただし、前年調査時の89.5%をわずかに下回る。

国内子会社については、「実施している」が37.4%で「一部実施している」が27.4%となり、あわせて64.8%だった。

(Security NEXT - 2019/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本海事協会ら、模擬船上機器システムにペネトレ実施 - 成果報告書
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供
中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も
損保ジャパンとCSC、攻撃検知データ活用で共同研究
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起