Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%

優先して着手すべきリスクとして「サイバー攻撃、ウイルス感染」を挙げる国内上場企業は、2割を切ることがわかった。災害や人材不足などに比べるとやや低い数字となっている。

トーマツリスクアドバイザリーが、2018年10月から11月にかけて、国内の上場企業を対象にリスクや危機のマネジメントに関するアンケート調査を郵送により実施したもので、430社が回答した。

国内において優先して着手が必要と考えるリスクとしては、「地震、風水害など災害の発生」がもっとも多く41.9%。前々年と前年調査に続き、3年連続でトップとなった。

前回3番目だった「人材流出、人材獲得の困難により人材不足(28.3%)」が今回は2番目に続き、「法令遵守違反(24.6%)」と順位が入れ替わった。

20190220_dt_001.jpg
優先して着手が必要と思われるリスク(図:トーマツリスクアドバイザリー)

(Security NEXT - 2019/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
米NSA、脆弱なTLS構成の利用排除を要請
テレワーク実施する取引先のセキュリティ対策に半数が不安
「情報システムモデル契約」に改訂版 - セキュ仕様の作成プロセスも整理
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」を策定 - 経産省
関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック