Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%

優先して着手すべきリスクとして「サイバー攻撃、ウイルス感染」を挙げる国内上場企業は、2割を切ることがわかった。災害や人材不足などに比べるとやや低い数字となっている。

トーマツリスクアドバイザリーが、2018年10月から11月にかけて、国内の上場企業を対象にリスクや危機のマネジメントに関するアンケート調査を郵送により実施したもので、430社が回答した。

国内において優先して着手が必要と考えるリスクとしては、「地震、風水害など災害の発生」がもっとも多く41.9%。前々年と前年調査に続き、3年連続でトップとなった。

前回3番目だった「人材流出、人材獲得の困難により人材不足(28.3%)」が今回は2番目に続き、「法令遵守違反(24.6%)」と順位が入れ替わった。

20190220_dt_001.jpg
優先して着手が必要と思われるリスク(図:トーマツリスクアドバイザリー)

(Security NEXT - 2019/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
4割が親のインターネット利用に不安 - 詐欺メールに懸念
米政府、リモートや管理者アクセス時の「単一要素認証」を悪習リストに追加
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス
「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施