Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%

グループ内でこれまで危機的な状況に遭遇した経験があるか尋ねたところ、54.2%にあたる233社が「経験あり」と回答。業種別に見ると「陸、海、空運(75%)」「小売、流通(64.1%)」「金融業(63.6%)」「不動産業(63.6%)」が、ほかの業種にくらべて高い。

危機的状況を経験した233社に、事態の沈静化が成功した要因について3つまで選択してもらったところ、「トップのリーダーシップ、トップダウンでの迅速な意思決定がなされた」が51.1%で最多。「情報収集、伝達ルートと収集情報の分析、判断のルールが整備されていた」が46.8%で続く。

一方、過去に危機的状況を経験していない177社に、成功要因と想定される要素を聞いたところ、「発生に備えた事前の組織の枠組み」と「発生に備えた事前の準備ができていること」が57.6%でトップ。

経験企業で1位だった「トップのリーダーシップ、トップダウンでの迅速な意思決定がなされること」は53.1%だった。

(Security NEXT - 2019/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
政府、「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」を策定
日本海事協会ら、模擬船上機器システムにペネトレ実施 - 成果報告書
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供
中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も
損保ジャパンとCSC、攻撃検知データ活用で共同研究