Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、落語でセキュリティを啓発 - 動画を公開

カスペルスキーは、セキュリティに関する啓発活動の一環として、セキュリティを題材とした創作落語を制作し、動画として公開した。

20190201_kl_001.jpg
立川談慶氏

今回公開した「落語deセキュリティ」は、身近なセキュリティの話題をテーマとした創作落語。幅広い年代が落語を楽しみつつ、セキュリティに興味を持ってもらいたいとの想いから企画した。

創作は落語家の立川談慶氏に依頼。同氏は「面白くて、わかりやすくて、ためになる」演目を目指したという。

第1弾は、「架空請求編」で5分30秒ほどの動画に仕上がった。今後サイバーセキュリティ月間にあわせ、「パスワード編」「フェイクニュース編」を公開していく予定。

(Security NEXT - 2019/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
政府がセキュ月間で「約ネバ」とタイアップ - 「抗え。この世界(インターネット)の脅威に。」
政府、「サイバーセキュリティ意識・行動強化プログラム」で意見募集 - 1月4日まで
宣伝文句「血糖値の高い方におすすめ」のどこに問題? - 「ネットの罠体験ショップ」が公開
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
セキュリティの川柳や「あるある」競うコンテスト