Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、落語でセキュリティを啓発 - 動画を公開

カスペルスキーは、セキュリティに関する啓発活動の一環として、セキュリティを題材とした創作落語を制作し、動画として公開した。

20190201_kl_001.jpg
立川談慶氏

今回公開した「落語deセキュリティ」は、身近なセキュリティの話題をテーマとした創作落語。幅広い年代が落語を楽しみつつ、セキュリティに興味を持ってもらいたいとの想いから企画した。

創作は落語家の立川談慶氏に依頼。同氏は「面白くて、わかりやすくて、ためになる」演目を目指したという。

第1弾は、「架空請求編」で5分30秒ほどの動画に仕上がった。今後サイバーセキュリティ月間にあわせ、「パスワード編」「フェイクニュース編」を公開していく予定。

(Security NEXT - 2019/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NICT、サイバー防御演習の教材を期間限定で無償提供
2020年度の若年層向けセキュ啓発コンクールを開催 - IPA
新ビジネスモデルを個人情報保護の観点から相談できる窓口
マンガでセキュ啓発、プロジェクト始動 - JNSA
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
セキュリティ啓発動画コンテストの結果を発表 - トレンド
ほぼ15秒のセキュリティ啓発アニメ5作品を公開 - IPA
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
警察庁と「秘密結社 鷹の爪」がコラボ - 啓発動画を公開中
クレジットカードのIC化率、3月末に99.5%