Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多

同四半期に同機構の「情報セキュリティ安心相談窓口」に寄せられた相談件数は4477件。前四半期の2981件から50.2%増と大きく増加している。

相談内容を見ると、「ウイルスを検出した」などと偽警告でユーザーの不安を煽り、電話をかけさせて製品の購入やサポート契約に誘導する「ウイルス検出の偽警告」に関する相談が、前四半期を18.7%上回る458件。

「ワンクリック請求」に関する相談は105件で、前四半期とほぼ同水準。そのうちスマートフォンに関する相談は53件だった。

SNSや通信販売サイト、クラウドサービスなどにおいて、第三者に「ID」および「パスワード」が不正に利用されたとする「不正ログイン」の相談は113件。

前四半期の68件から66.2%増と大きく増加しており、同機構が調査を開始した2017年第3四半期以降、過去最多となった。

20190201_ip_002.jpg
不正ログインの相談件数(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2019/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラムとウイルスともに検出数が増加 - バックドアが約17倍に
2018年4Qの標的型攻撃情報、6割がプラント関連狙い
2018年4Q「JVN iPedia」登録は3560件 - OS関連が上位半数以上
2018年4Qの脆弱性届出は93件 - 「ソフト」「サイト」ともに大幅減
12月上旬から特定ポート宛てのパケットが増加 - Windowsが発信元、共通の特徴見られず
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
ネットバンク不正送金被害、5年半ぶりの低水準 - 被害額1億円を割り込む
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも