Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正プログラムとウイルスともに検出数が増加 - バックドアが約17倍に

不正プログラムの検出数を種類別に見ると、最多は「Downloader」の1万2087件で全体の約18%。「Packed」は前四半期の2157件から777件に減少する一方、「Backdoor」は前四半期の306件から約17倍にあたる5477件に急伸している。

マルウェアの検出経路を見ると、メールの添付ファイルが6万1180件で、全体の89.1%を占める。ウェブからのダウンロードは258件、ネットワーク経由が341件だった。2017年第3四半期から、メールの添付ファイル経由の検出が9割前後を占める状況が続いている。

(Security NEXT - 2019/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
不正モバイルアプリ、1Qは減少 - ただし不正送金アプリは増加傾向