Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 72」が公開、セキュリティに関する修正は58件

Chromeの開発チームは、デスクトップ向けブラウザの新版「Chrome 72」をリリースした。深刻な脆弱性へ対処している。

「Windows」や「macOS」「Linux」向けに「同72.0.3626.81」の提供を開始したもので、あわせて58件のセキュリティに関する修正を行ったという。

開発チームが明らかにした主要な修正内容を見ると、4段階中もっとも重要度が高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は1件。通信プロトコル「QUIC(Quick UDP Internet Connections)」の実装に関する脆弱性「CVE-2019-5754」へ対処した。

次いで重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性は17件。「V8 JavaScriptエンジン」の実装や解放後のメモリへアクセスする「Use After Free」、バッファオーバーフロー、型の取り違えなどの脆弱性を解消している。

さらに「中(Medium)」とレーティングした12件の脆弱性や、「低(Low)」4件について修正した。

(Security NEXT - 2019/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正
一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
資産管理製品「LanScope」に権限昇格の脆弱性
パッチ公開翌日から「PHP-FPM」への攻撃を観測 - PHP環境の情報収集も
WP向けスペルチェックプラグインにCSRFの脆弱性
「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
「WhatsApp」だけではない、Android向けGIF処理ライブラリの脆弱性に注意
トレンドマイクロ「Deep Security」など複数製品に脆弱性
WordPress向けプラグイン「Jetpack」に脆弱性