Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 72」が公開、セキュリティに関する修正は58件

Chromeの開発チームは、デスクトップ向けブラウザの新版「Chrome 72」をリリースした。深刻な脆弱性へ対処している。

「Windows」や「macOS」「Linux」向けに「同72.0.3626.81」の提供を開始したもので、あわせて58件のセキュリティに関する修正を行ったという。

開発チームが明らかにした主要な修正内容を見ると、4段階中もっとも重要度が高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は1件。通信プロトコル「QUIC(Quick UDP Internet Connections)」の実装に関する脆弱性「CVE-2019-5754」へ対処した。

次いで重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性は17件。「V8 JavaScriptエンジン」の実装や解放後のメモリへアクセスする「Use After Free」、バッファオーバーフロー、型の取り違えなどの脆弱性を解消している。

さらに「中(Medium)」とレーティングした12件の脆弱性や、「低(Low)」4件について修正した。

(Security NEXT - 2019/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMwareの複数製品に「runc」の脆弱性 - 一部製品にアップデート
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
「ColdFusion」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
Mozilla、3件の脆弱性に対処した「Firefox 65.0.1」をリリース
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中
「MS Exchange 2013」以降に脆弱性「PrivExchange」 - ドメイン管理者権限奪われるおそれも
「Adobe Acrobat/Reader」に多数の深刻な脆弱性 - 予告より高い重要度
「Adobe Flash Player」にアップデート - 情報漏洩の脆弱性を解消