Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり

ランサムウェア「PyLocky」の被害者向けに、無料で利用できる復号化ツール「PyLocky Decryptor」が提供されている。ただし、復号には感染初期のトラフィックデータが必要になるという。

「PyLocky」は、「Python」で開発されたランサムウェア。ランサムウェア「Locky」を模倣して作成されたもので、利用者の意図に反して端末内のファイルを暗号化。復号化を交換条件に金銭を要求する。

今回、同マルウェアの被害者向けにCisco SystemsのTalosセキュリティインテリジェンス&リサーチグループが復号化ツールを開発、GitHub上で公開した。

ただし、同ツールを用いて復号するには条件があり、暗号化に用いる初期化ベクトルとパスワードを感染の初期段階で外部コマンド&コントロール(C&C)サーバに送信するため、これらトラフィックをキャプチャしたデータが必要だとしている。

(Security NEXT - 2019/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「Ims00rry」の無償復号化ツールが公開
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ランサム「GandCrab」提供者が引退、キー削除か - ベンダーが最新の復号化ツール
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
メール管理システムがランサムウェア感染 - 神大
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き