Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大

長岡技術科学大学は、教員が海外出張中に、学生の個人情報含むノートパソコンの盗難被害に遭ったことを公表した。

同大によれば、教員が海外出張中である2018年12月11日にノートパソコンの盗難被害に遭ったもの。翌12日に同大へ連絡が入った。

問題のパソコンには、同教員が担当する学部と修士の履修者384人の氏名と学籍番号、点数のほか、同教員の研究室に所属する13人の氏名、学籍番号、携帯電話番号、メールアドレスなどが保存されていた。

現地時間11日10時半ごろ、参加していた国際学会の休憩時間中にノートパソコンの入った鞄を置いて離席。席に戻ったところ、鞄がなくなっていたという。現地警察へ被害届を提出したが、見つかっていない。

同大では、不正アクセスを防ぐため、同教員のメールアカウントを停止し、パスワードを変更した。また対象となる学生と保護者に対し、説明と謝罪の書面を送付している。

(Security NEXT - 2019/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外出張先で患者情報含むPC盗難 - 徳島大病院
患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
支援学校で個人情報含むHDDが紛失、盗難の可能性 - 大阪府
委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター
顧客情報が金庫ごと盗難 - お好み焼き専門店
チケットの払込票控えが所在不明 - イベント制作会社
高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院