Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

溶解処理する書類を運搬中に紛失 - ワンビシアーカイブズ

情報資産の管理事業を展開するワンビシアーカイブズは、顧客から預かった書類を台車で移動中に落下させ、一部紛失したことを明らかにした。

同社によれば、2018年12月14日に溶解処理を行うため顧客から集荷した文書箱6箱を台車で運ぶ際、ひとつの蓋が開いて書類が路上に落下し、一部を紛失したという。

問題の書類には、個人情報が含まれる。落下判明後、書類の回収作業を実施したものの、その後第三者が拾得したことにより、未回収の書類があることが判明した。

同社は原因について、従業員が運搬を行う際、手順が遵守されていなかったと説明。従業員教育の実施などを通じて再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2019/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム
路上で顧客情報が鞄ごと盗難 - 日神不動産
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
患者情報含む廃棄書類が運搬中に飛散 - 都内病院で
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
訪問サービス中に車上あらし、個人情報が盗難 - 長岡の高齢者介護施設
顧客情報含む帳票を紛失、翌日すべて回収 - 四国電力
患者の個人情報が路上に散乱、すべて回収 - 昭和大病院