Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「DLmarket」への不正アクセス、顧客のクレカ情報も被害か

電子書籍や楽譜、イラスト素材など、デジタルコンテンツのダウンロード販売を手がける「DLmarket」が不正アクセスを受けた問題で、顧客情報のほか、クレジットカード情報も詐取された可能性があることが判明した。

同サイトを運営するディー・エル・マーケットでは、10月17日18時ごろに異常を検知。サーバを調査したところ不正アクセスを受けていたことが判明し、事態を公表するとともに調査を行っていたが、さらに決済代行会社より11月12日にクレジットカード情報が流出した可能性があるとの指摘があり、さらなる調査を進めていた。

当初、顧客56万1625人分の氏名やメールアドレス、会員IDが流出した可能性があると説明していたが、調査の結果、決済時に攻撃者が設置した「偽決済フォーム」を経由するようサーバが改ざんされていたことが判明したという。

「偽決済フォーム」では、クレジット情報を詐取するとともに、決済段階でエラーが発生したように見せかける画面を表示。その後、正規の決済フォームへ誘導し、決済が完了するしくみだった。

(Security NEXT - 2018/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
NAS管理サービスのテストサーバに不正アクセス - アイ・オー・データ
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
会員情報約3万件が流出、ダークウェブで流通 - 山と溪谷社
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
事務用品通販サイトから個人情報流出 - 最大12万件に影響
Ameba広告システムに不正アクセス - 内部データが公開状態に