Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「DLmarket」への不正アクセス、顧客のクレカ情報も被害か

10月17日22時過ぎから11月12日22時前にかけて同社で正規の決済が完了した顧客のクレジットカード情報7741件が取得された可能性がある。クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードが含まれる。

また903件については、正規の決済まで至らなかったが、「偽決済フォーム」へ誘導された形跡が確認されており、「偽決済フォーム」でクレジットカード情報を送信してしまった場合は、詐取された可能性がある。

同社では、12月25日より対象となる顧客にメールで事情を説明。登録しているメールアドレスを入力することで、流出対象であるか確認できるフォームを公開した。

また警察と個人情報保護委員会へ事態を報告。停止中のサイトについては、セキュリティ対策を終えたあとに再開したいとしている。

(Security NEXT - 2018/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
みそ通販サイトの侵害、ログイン用PWも流出した可能性
サッカー用品通販サイトに不正アクセス - 不正注文後に侵害
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明
ECサイトで個人情報流出、クレカ不正利用の可能性 - 松井酒造
Dropboxの電子署名サービスに不正アクセス - 顧客情報が流出
福岡飲食店のECサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
人事情報の不正閲覧で職員2人を処分、以前から漏洩のうわさ - 筑前町
eモータースポーツ公式アカウントの乗っ取りで個人情報流出の可能性
問合フォームに別人の個人情報、キャッシュ設定不備で - ソフト開発会社