Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、セキュリティ人材育成で検討会 - 地方での人材確保も焦点に

総務省は、セキュリティ人材の育成にあたり、現状における課題の整理や解決する方策について検討する「サイバーセキュリティ人材育成分科会」を開催する。

サイバー攻撃へ対処できる人材の育成が急務であるとして、同省サイバーセキュリティタスクフォースのもとに設置した。特に人口減少が急速に進む地方における人材確保も課題のひとつとして検討を進める。

第1回会合を12月25日に開催。以降順次開催していく予定。

(Security NEXT - 2018/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JNSA、スキル可視化GLのβ版を公開 - 「プラス・セキュリティ人材」にも焦点
2018年秋期セキスペ試験、合格率18.5% - 平均年齢36.8歳
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
セキュリティ担当者の苦労や悩みを調査 - 気になる処遇も
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も