Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込

日立インフォメーションアカデミーが提供する一部eラーニングサービスの配信サーバが不正アクセスを受け、サービス上に仮想通貨の採掘プログラムを埋め込まれたことがわかった。利用者が影響を受けた可能性がある。

ITやセキュリティ、ビジネススキルなどをブラウザ上で学ぶことができる同社の「ナビ機能付きeラーニングサービス」において、委託会社が管理する配信サーバが不正アクセスを受けたもの。

同サービスでは、10月29日15時半ごろに障害が発生、利用できない状態に陥ったが、その後の調査で、サービスとは関係ないプログラムが埋め込まれていたことが判明した。

埋め込まれたのは、ブラウザ上で動作し、仮想通貨を採掘するいわゆる「コインマイナー」。同日に同サービスを利用した場合、本来必要とされるより多くのCPUのリソースが消費され、システムが不安定になるなど、影響を受けた可能性があるとしている。

(Security NEXT - 2018/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
各務原市の音楽フェスサイトが改ざん被害 - 不正サイトに誘導
一部サイトが改ざん被害、外部サイトに誘導 - 広島大
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中
札幌市のアーティスト支援施設でサイト改ざん - 外部に不正誘導