Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数端末がマルウェア感染、情報流出の可能性 - 富士通

富士通は、複数の業務用端末がマルウェアに感染し、個人情報や顧客情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、複数の業務パソコンからマルウェアが見つかったもので、調査を行ったところ、個人情報や顧客情報を含むファイルを不正に持ち出せる状態だったことが判明したという。

関連する端末については切り離し、他端末についても監視を強化するなど対策を講じた。情報流出の有無を含めた影響やマルウェアが侵入した経緯など調査を進めている。

3月15日の時点で、個人情報が悪用されたといった報告は確認されていないが、個人情報が流出した可能性を踏まえ、個人情報保護委員会へ事態を報告した。対象となる個人や顧客には、個別に報告を行うとしている。

(Security NEXT - 2024/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市