Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア被害による情報流出を確認 - アニエスベー

服飾ブランドを展開するアニエスベージャパンは、2023年12月に判明したサイバー攻撃の影響により、情報流出が発生したことを明らかにした。

同社では、2023年12月26日に同社グループのサーバが侵害されたことを確認。外部協力のもと、情報流出の有無などを含め、影響を受けた範囲など調査を進めていた

同社は、今回の被害がランサムウェア攻撃グループ「Lockbit」によるサイバー攻撃により生じたものと説明。調査の結果、サーバ内部に保存されていた一部業務情報が外部に流出したことを明らかにした。

氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレスなどが含まれている可能性があるとする一方、顧客に関する個人情報の流出は確認されていないとしている。

同社は今回の問題を受け、あらたなマルウェア対策ソフトウェアを導入し、フルタイムの監視体制を導入したと説明。また全システムのパスワードを変更し、ルールについても見直しを行うなど再発防止策に取り組んでいる。

(Security NEXT - 2024/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
先週注目された記事(2024年4月7日〜2024年4月13日)
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中