Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

発覚2カ月前にもマルウェア実行の痕跡、情報流出は否定 - こころネット

冠婚葬祭事業を手がけるこころネットにおいてサイバー攻撃を受けたことが1月に明らかとなったが、同社はその後実施した調査の結果を取りまとめた。2023年後半にも攻撃を受けていたことが明らかになったという。

同社では、1月16日にサーバへのアクセスができなくなる不具合が発生。原因について調べたところ、サーバ2台においてパスワードが改ざんされており、意図しないファイルを生成されていることを確認した。

同問題を受けて、同社では事態を公表するとともに、1月後半より外部協力のもと、原因や情報流出の有無など被害の状況について調査を進めていた。

フォレンジック調査の結果、2023年11月22日にも第三者が同社サーバを侵害し、マルウェアを実行していたことが判明。さらに同年12月22日には別のサーバにおいても同様の被害が発生していた。

2024年1月14日から16日にかけても複数回にわたりアクセスし、パスワードの改ざんなどサイバー攻撃が行われたことが確認されている。

(Security NEXT - 2024/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性への攻撃、国内でも被害報告
メールの誤送信で学生のメアドが流出 - 都住宅供給公社
「ClamAV」にクリティカルパッチ - サービス拒否の脆弱性など修正
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
狂犬病予防接種会場で強風により申請書が飛散 - 京丹後市
開示したNPO法人事業報告書で墨塗り漏れが判明 - 山口県
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分