Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開

ソフトクリエイトとエクスジェン・ネットワークスは、資本提携のもと、ID管理ツール「LDAP Manager」のクラウド展開を図る。

10月にソフトクリエイトがエクスジェン・ネットワークスの発行済み株式の49%を取得、資本提携を実現したもの。ソフトクリエイトでは、エクスジェン・ネットワークス「LDAP Manager」を、同社クラウドサービス「SCCloud」にて「LDAP Manager on SCCloud」として展開する。

従来エクスジェン・ネットワークスでは、おもにオンプレミスを大手企業や大学などを中心に提供してきたが、両社は「SCCloud」の中心ユーザーである中小規模の事業者に向けて拡販を図りたい考え。

2019年4月にサービス開始を目指しており、すでに「SCCloud」で展開しているサイボウズやオービックビジネスコンサルタントなどの国産クラウドサービスなどとの連携に対応。今後「Azure Active Directory」との親和性なども高め、IDプラットフォームの提供を目指すとしている。

20181206_sc_001.jpg
「LDAP Manager on SCCloud」の構成(図:ソフトクリエイト)

(Security NEXT - 2018/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始
遊んで学べる「サイバー迷宮脱出ゲーム」 - 警視庁が無償公開
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
流出監視機能を備えたPW管理サービス - ニフティ