Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 森林研究・整備機構

森林研究・整備機構の職員がメールアカウントを不正に利用され、迷惑メールが大量に送信されていたことがわかった。

同機構によれば、森林整備センター職員のメールアカウントが不正アクセスを受け、英文の迷惑メールを送信するための踏み台に悪用されたことが、10月21日に判明したという。

問題発覚後、同機構では同センター全体のメール送信を停止。原因の調査を進めるとともに、対策を講じた。情報流出は確認されていないという。

(Security NEXT - 2018/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大阪府新婚世帯支援事業の元委託先に不正アクセス - 迷惑メールの踏み台に
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大