Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 森林研究・整備機構

森林研究・整備機構の職員がメールアカウントを不正に利用され、迷惑メールが大量に送信されていたことがわかった。

同機構によれば、森林整備センター職員のメールアカウントが不正アクセスを受け、英文の迷惑メールを送信するための踏み台に悪用されたことが、10月21日に判明したという。

問題発覚後、同機構では同センター全体のメール送信を停止。原因の調査を進めるとともに、対策を講じた。情報流出は確認されていないという。

(Security NEXT - 2018/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでスパムの踏み台に - 山梨県の文化施設
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
学生メールアカウントに不正アクセス - 千葉大
メルアカに不正アクセス、迷惑メール送信 - 東京企画
メルアカ乗っ取り、迷惑メール送信の踏み台に - 福知山市民病院
メルアカ乗っ取り被害、迷惑メールの踏み台に - NTTLS
メルアカ乗っ取りで取引先情報流出の可能性 - RIZAP
小学校メルアカが乗っ取り、迷惑メールを送信 - 東大和市