Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 森林研究・整備機構

森林研究・整備機構の職員がメールアカウントを不正に利用され、迷惑メールが大量に送信されていたことがわかった。

同機構によれば、森林整備センター職員のメールアカウントが不正アクセスを受け、英文の迷惑メールを送信するための踏み台に悪用されたことが、10月21日に判明したという。

問題発覚後、同機構では同センター全体のメール送信を停止。原因の調査を進めるとともに、対策を講じた。情報流出は確認されていないという。

(Security NEXT - 2018/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセス受けスパムの踏み台に - ロボット開発ベンチャー
福岡市の関連サイトに不正アクセス - 迷惑メール送信の踏み台に
教員メルアカ、スパム送信の踏み台に、メールの不正閲覧も - お茶の水女子大
学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大
メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - ERP導入コンサル会社
消防団のメールが乗っ取り被害、スパムを送信 - 高岡市
メールアカウントに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - 新潟県立大
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中