Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業向けセキュ人材マッチングサービス「バーチャルCISO」

グローバルセキュリティエキスパート(GSX)は、中小企業とセキュリティ人材をマッチングするサービスを提供すると発表した。 年明け以降に正式リリースする予定。

今回発表した「vCISO(virtual CISO)」は、おもに中小企業と、情報セキュリティの専門家である個人事業主などをマッチングするサービス。

セキュリティ対策に課題を抱える一方、CISOの配置が難しい企業に対し、同サービスに登録したコンサルタントや元CTO、元情報システム管理者などセキュリティスキルを持つ人材が業務請負として対応する。登録にあたってはスキルや保有資格などを申告し、同社が審査を行うという。

同サービスでは、おもに3種類のメニューを用意。「CISO人材マッチング」では、CISOの確保や育成が難しい中小企業に対し、セキュリティ専門家が対応。部分的なアドバイスが欲しい企業の要望に応える「情報セキュリティアドバイザリ」、セキュリティに関する悩みに答える「情報セキュリティあれこれ WebQ&A」を提供する。

同社では正式サービスの展開に向けて準備を進め、年明け以降にサービスをリリースする予定。サービス開始当初は、20人ほどの規模でスタート。1年後には登録者を50人、300件のアドバイザリを提供し、3憶円の売上を目指すという。

(Security NEXT - 2018/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
「セキュリティ知識分野人材スキルマップ2017年版」が公開 - 「ITSS+」と連携強化
DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設