Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生

EUが5月に施行した「一般データ保護規則(GDPR)」への準拠を支援する「WordPress」向けのプラグインに、深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。乗っ取りや改ざんなどの被害が発生している。

脆弱性が明らかとなったのは、コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供されているプラグイン「WP GDPR Compliance」。オランダのVan Onsが開発を手がけている。ショッピングサイトなどのGDPR対応を支援するプラグインとして提供されているもので、アクティブなインストール数は10万件以上にのぼる。

「同1.4.2」および以前のバージョンに権限昇格の脆弱性が存在し、11月6日にWordPress.orgのPlugin Directory Teamが開発者へ報告。同社では同月7日にアップデートとなる「同1.4.3」をリリースした。

脆弱性の悪用が始まった詳しい時期はわかっていないが、10月中旬ごろに同プラグインの利用環境下において、被害が発生したとの報告もあり、ゼロデイ攻撃が行われていた可能性が高い。またアップデート公開後には、積極的に攻撃が展開されているという。

(Security NEXT - 2018/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

eコマースやRSSなどWordPress向けプラグイン2種に脆弱性
WP向け動画埋め込みプラグインに脆弱性
WP向け出勤管理プラグインなどに複数脆弱性
ウェブ訪問者とのチャットや追跡機能を提供するWP向けプラグインに脆弱性
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
WP向けソーシャルボタンプラグインにゼロデイ攻撃 - アップデートが緊急公開
「WordPress 5.1.1」がリリース - XSSの脆弱性など修正
WordPress向けプラグイン「Smart Forms」にCSRFの脆弱性