Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ

インターネットイニシアティブは、製造業の工場に設置された制御システム向けのネットワークセキュリティ対策ソフト「FSEG」を提供開始した。

同製品は、SDN技術によりネットワーク機器間の通信を管理。セキュリティポリシーに基づいて、ネットワークの構成や「セキュリティVNF(Virtual Network Function)」を自動的に配置し、マルウェアの拡散を防止する。

デバイスに対するエージェントのインストールは不要。感染したデバイスを隔離するのではなく、機器間の通信を管理して監視を強化するといった対策により、製造ラインを停止せずセキュリティ対策が行えるとしている。

セキュリティVNFには、トレンドマイクロの「Trend Micro Virtual Network Function Suite」を採用する予定だという。

(Security NEXT - 2018/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
ウェブアプリなどの脆弱性情報を配信するサービス - EGセキュア
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応