Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに

IntelのCPUにおける「Simultaneous Multithreading(SMT)」の実装にあらたな脆弱性が判明した。従来より高精度なサイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が可能とされており、実証コードも公開されている。

ハバナ科学技術大学(CUJAE)やタンペレ工科大学の研究チームが、従来とは異なる方法でサイドチャネル攻撃(SCA)が可能となる脆弱性「CVE-2018-5407」を発見し、論文として発表したもの。ポートの衝突を利用したもので、脆弱性を悪用する技術は「PORTSMASH」と命名されている。

同一コア上で複数スレッドを同時に実行することにより、プロセッサのリソースをより効率的に使用するIntelの「ハイパースレッディング・テクノロジー(HTT)」を対象とした攻撃手法。プロセッサの動作を解析するサイドチャネル攻撃により、データが漏洩するおそれがある。

従来のコア間における攻撃に比べ、より多くの攻撃対象が存在し、攻撃者にとって魅力的なターゲットとなると研究チームでは指摘している。

(Security NEXT - 2018/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

OpenSSLに複数脆弱性、アップデートで解消 - 「PORTSMASH」にも対応
OpenSSLの複数署名アルゴリズムに脆弱性 - 次期更新で修正予定
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
「AWS」や「Azure」、「Foreshadow」に対応済み
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも
VMware、脆弱性「Foreshadow」向けにパッチを用意 - 緩和策も
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定
「Oracle Linux」や「Oracle VM」向けに「SpectreNG」を修正するアップデート
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加