Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 121」をリリース - 脆弱性18件を解消

Mozilla Foundationは、ブラウザの最新版となる「Firefox 121」をリリースした。複数の脆弱性を修正している。

今回のアップデートでは、PDFビューアにおける画像編集やmacOSにおける音声操作への対応など機能強化を実施。さらに18件の脆弱性に対処した。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

重要度が2番目に高い「高(High)」とされる脆弱性は5件。ヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2023-6856」をはじめ、複数のNSS NIST曲線においてサイドチャネル攻撃の一種であるミネルバ攻撃によって秘密鍵を解析されるおそれがある「CVE-2023-6135」などを修正した。

さらに「中(Moderate)」とされる8件、「低(Low)」される5件の脆弱性に対応している。あわせて11件の脆弱性を解消した延長サポート版「Firefox ESR 115.6」をリリースした。

「Firefox 121」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2023-6135
CVE-2023-6856
CVE-2023-6857
CVE-2023-6858
CVE-2023-6859
CVE-2023-6860
CVE-2023-6861
CVE-2023-6863
CVE-2023-6864
CVE-2023-6865
CVE-2023-6866
CVE-2023-6867
CVE-2023-6868
CVE-2023-6869
CVE-2023-6870
CVE-2023-6871
CVE-2023-6872
CVE-2023-6873

(Security NEXT - 2023/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意