Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目

都内において、「CODE BLUE」が開催されている。11月1日、2日と2日間の日程で実施されるカンファレンスは、事前登録だけで1100人超、当日参加も含めるとさらに多くの参加者が聴講する見込みだ。

20181101_cb_001.jpg
鵜飼氏(画面左)とhypponen氏(同右)

同カンファレンスの初日は、F-SecureのMikko hypponen氏による基調講演で幕を開けた。2日間で15カ国から訪日した専門家43名が講演する予定だ。

今回はセキュリティ技術などの発表などを中心とした2本のジェネラルトラックにくわえ、初日には捜査関係者などが登壇する「サイバー犯罪トラック」、2日目には「ブロックチェーントラック」と「法と政策トラック」を予定。最大4トラックが同時に進行する密度が濃いイベントとなっている。

開催にあたり事前に実施されたCFPでは、33カ国から177件の応募が寄せられ、採択率は26%。レビューボードを務めた鵜飼裕司氏は、25歳以下の若年層からの応募も含め、これまでにないあたらしい発表も多く、レベルが高い講演が出揃ったとプレスカンファレンスにおいて総評を語った。

なかでも注目されるのは、あらたに用意された「法と政策トラック」。従来より構想があり、今回実現したという。

同トラックを設けた狙いについて、発起人で事務局を務める篠田佳奈氏は、「法律はハッカーから距離が置かれる傾向があるトピックだが、一方であたらしい技術が次々と誕生し、世界中で法律が追いついていけない状況が生まれている」と指摘。「法律の専門家と技術者が議論する機会が求められている」と語った。

一方「ブロックチェーントラック」については、「同分野のイベントにセキュリティ専門家が招かれ、講演することもあるが認識が異なり、どうしてもアウェイに置かれている感があった」と背景を説明し、「ブロックチェーン分野の方にセキュリティ分野へ来てほしかった」と述べた。

「ブロックチェーンというと仮想通貨に注目が集まりがちだが、ぜひプラットフォームをセキュアにするといった技術的なテーマにも注目してもらいたい(同氏)」。

多くのイベントで講演を行っており、今回基調講演を務めたMikko hypponen氏は、CODE BLUEの印象について、発表内容、組織運営のいずれも世界クラスで、品質も高いと評価。同氏も仮想通貨関連の攻撃に関する講演に注目しているという。

(Security NEXT - 2018/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
「Security Days Fall 2019」を開催 - 100超の講演を予定
10月に「ShowNet」解説イベント - 脅威情報の収集活用がテーマのセッションも
クラウドや制御システムのセキュリティ活動で感謝状 - JPCERT/CC
CODE BLUE 2019の基調講演者が決定 - 講演はシングルトラックに
「制御システムセキュリティカンファレンス」を2020年2月に開催 - CFPを実施
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
「SECCON CTF 2019」の開催日程が明らかに