Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 12.1」で31件の脆弱性を修正

Appleは、同社のスマートデバイス向けに最新OSとなる「iOS 12.1」をリリースした。「グループFaceTime」といった機能追加にくわえ、脆弱性への対処が行われている。

脆弱性への対応を見ると、今回のアップデートではカーネルに関する脆弱性3件や「WebKit」に関する脆弱性11件をはじめ、CVEベースで31件の脆弱性を修正した。

そのほか、メッセージにおける「S/MIME」の処理や、「CoreCrypto」「IPSec」に関する脆弱性のほか、「メッセージ」や「Safari」「FaceTime」「連絡先」「メモ」「Wi-Fi」などの脆弱性を解消したという。

今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2018-4365
CVE-2018-4366
CVE-2018-4367
CVE-2018-4368
CVE-2018-4369
CVE-2018-4371
CVE-2018-4372
CVE-2018-4373
CVE-2018-4374
CVE-2018-4375
CVE-2018-4376
CVE-2018-4377
CVE-2018-4378
CVE-2018-4382
CVE-2018-4384
CVE-2018-4385
CVE-2018-4386
CVE-2018-4387
CVE-2018-4388
CVE-2018-4390
CVE-2018-4391
CVE-2018-4392
CVE-2018-4394
CVE-2018-4398
CVE-2018-4400
CVE-2018-4409
CVE-2018-4413
CVE-2018-4416
CVE-2018-4419
CVE-2018-4420
CVE-2018-4427

(Security NEXT - 2018/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み