Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、最新動向や国内外事例など収録した「AI白書2019」

情報処理推進機構(IPA)は、AIに関する最新の動向を取りまとめた書籍「AI白書2019」を12月11日に発売する。発行は角川アスキー総合研究所で価格は3888円。

同書は、産学の第一人者を編集委員に迎え、AIに関する技術や利用、制度などの動向について取りまとめたもの。2017年版に続く1年ぶりの刊行で前作をアップデートした。

組織の経営層や管理者を対象にAIの導入や活用を促す内容になっているという。具体的には農業や医療、介護、防犯、防災など国内外における250件超の事例を収録したほか、現地調査に基づく中国の動向を掲載。

またディープラーニングや自然言語処理、ロボティクスなど関連技術に関する動向や、社会実装における課題と対策なども盛り込んでいる。

(Security NEXT - 2018/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
パナと東京建物、ビルシステムへの攻撃検知で実証実験
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
「個情法改正大綱」でパブコメ実施中 - 逸脱利用を制限
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
機械学習用いた株式不正売買審査の支援サービス - NEC