Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に

「Windows」や「macOS」で動作するBlueStack Systems製のAndroidエミュレータ「BlueStacks App Player」において、デバッグ用ツールである「Android Debug Bridge(ADB)」がネットワーク上に公開され、バックドアとして悪用されるおそれがあることがわかった。

20181026_bs_001.jpg
脆弱性の概要(表:BlueStack Systems)

同ソフトウェアにおいて、認証不備の脆弱性「CVE-2018-0701」が判明したもの。脆弱性を報告した情報通信研究機構(NICT)によれば、同エミュレータを導入した環境では、「Windows」のファイアウォールを有効化していても、ソフトを起動するとTCP 5555番ポートが外部よりアクセス可能になるという。

グローバルIPアドレスが割り当てられた端末では、インターネット経由で同エミュレータに接続され、コマンドの実行、エミュレータ内からのデータ流出、悪意あるアプリの実行などが行われるおそれがある。

BlueStack Systemsは、同脆弱性の重要度について「高(High)」とレーティング。同製品のWindows版のアップデートをリリースするとともに、緩和策をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2018/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア