Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Ruby」に2件の脆弱性、アップデートで対応 - 「Ruby 2.5.x」は再修正

「Ruby」の開発チームは、2件の脆弱性へ対処した「Ruby 2.5.3」「同2.4.5」「同2.3.8」を提供している。

今回のアップデートでは、いずれも一部配列やテキストに対するメソッドのフォーマット指定において特定のフラグが伝搬しない脆弱性「CVE-2018-16396」を修正。

また「OpenSSL」の「X.509証明書」における名前データの比較処理において前方一致のみ確認しており、本来異なるデータと判断するところを一致と判断するおそれがある脆弱性「CVE-2018-16395」を解消した。

当初、「同2.5.x」へのアップデートとして「同2.5.2」をリリースしたが、パッケージングに問題があり、ビルド時に一部必要なファイルが不足していたとして、「同2.5.3」を再リリースしている。

安定版となる「同2.4.5」では、脆弱性の修正にくわえ、40件ほどのバグに対応したという。またセキュリティメンテナンスフェーズに移行しており、重要なセキュリティの修正のみ行っている「2.3.x」については、2019年3月末にサポートが終了となる見込みで、注意が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2018/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み