Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows」にゼロデイ脆弱性、PoCが公開 - 8月の「ALPC脆弱性」公表と同一人物

「Windows」に未修正の脆弱性が含まれていることがわかった。すでに「実証コード(PoC)」が公開されている。脆弱性を公表したのは、8月にも未修正の脆弱性を公開した研究者だった。

20181024_se_002.jpg
実証コードの公開を知らせるツイート

PoCが公開されたのは、「Windows」の「Data Sharing Service(DsSvc)」に関する権限昇格の脆弱性。公開したセキュリティ研究者は、GitHub上に実証コードをアップロード、Twitter上で公表した。

同研究者は「SandboxEscaper」を名乗り、8月にも「Windowsタスクスケジューラ」で権限昇格が生じる「ALPC(Advanced Local Procedure Call)」の脆弱性「CVE-2018-8440」をTwitter上で突如公開したことでも知られる人物。翌月の月例セキュリティ更新で修正されるまでの間にゼロデイ攻撃も確認されている。

公開されたPoCは、「Deletebug」とされるプログラム。管理者権限がないと操作できないシステムファイル「pci.sys」を「ALPC」を通じて削除する。「Chrome」では危険なファイルと認識され、ダウンロードがブロックされる。

(Security NEXT - 2018/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
Oracle、四半期定例パッチで脆弱性284件を修正
オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性
WordPress向けスパム対策プラグインにXSSの脆弱性
Intel、Wi-FiソフトからDC向けまで幅広いアップデート
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消
「Adobe Digital Editions」に情報漏洩の脆弱性
「Adobe Connect」にセッショントークンが漏洩する脆弱性 - アップデートが公開
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を
1月3日に「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートがリリース予定