Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定

NEC、日立製作所、富士通の3社は、セキュリティ技術者の共通人材モデルとして「統合セキュリティ人材モデル」を取りまとめた。ITベンダーおよびセキュリティベンダー向けに提供するという。

同人材モデルは、実践的なスキルやノウハウを持つ技術者の育成に向けて、3社が持つセキュリティ対策の技術やシステム構築の実績をもとに、14種類の人材像を定義、体系化したもの。各社では2019年
度から同モデルを活用していく。

3社は、2017年12月に教育プログラムの確立を視野に入れた「サイバーセキュリティ人材育成スキーム策定共同プロジェクト」を発足。同モデルは同プロジェクトの成果物となる。

具体的には、米国国立標準技術研究所(NIST)のセキュリティ対策基準「NIST SP800-181」で定めるセキュリティ対策への対応をベースと、14種類の人材像と、必要なスキルセットを体系化した。「ペネトレーションテスター」「フォレンジックエンジニア」「インシデントレスポンダー」などが含まれる。

また各人材像ごとに、スキルの習得に必要な講座や試験を時間軸で表示した計画表も順次公開していく予定。同モデルは、NECのサイバーセキュリティ戦略本部へメールで問い合わせることで入手できる。

20181024_ne_001.jpg
総合セキュリティ人材モデル(画像:NEC)

(Security NEXT - 2018/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ担当者の苦労や悩みを調査 - 気になる処遇も
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ラック、北九州にセキュリティ事業の技術拠点