Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定

NEC、日立製作所、富士通の3社は、セキュリティ技術者の共通人材モデルとして「統合セキュリティ人材モデル」を取りまとめた。ITベンダーおよびセキュリティベンダー向けに提供するという。

同人材モデルは、実践的なスキルやノウハウを持つ技術者の育成に向けて、3社が持つセキュリティ対策の技術やシステム構築の実績をもとに、14種類の人材像を定義、体系化したもの。各社では2019年
度から同モデルを活用していく。

3社は、2017年12月に教育プログラムの確立を視野に入れた「サイバーセキュリティ人材育成スキーム策定共同プロジェクト」を発足。同モデルは同プロジェクトの成果物となる。

具体的には、米国国立標準技術研究所(NIST)のセキュリティ対策基準「NIST SP800-181」で定めるセキュリティ対策への対応をベースと、14種類の人材像と、必要なスキルセットを体系化した。「ペネトレーションテスター」「フォレンジックエンジニア」「インシデントレスポンダー」などが含まれる。

また各人材像ごとに、スキルの習得に必要な講座や試験を時間軸で表示した計画表も順次公開していく予定。同モデルは、NECのサイバーセキュリティ戦略本部へメールで問い合わせることで入手できる。

20181024_ne_001.jpg
総合セキュリティ人材モデル(画像:NEC)

(Security NEXT - 2018/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
育成プログラム「SecHack365」の成果発表会を都内で開催 - NICT
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
東大、「情報セキュリティ教育研究センター」設置 - 横断的研究と人材育成を推進
社長との採用面接かけたCTF「即!西本」 - ラック
JNSA、スキル可視化GLのβ版を公開 - 「プラス・セキュリティ人材」にも焦点
2018年秋期セキスペ試験、合格率18.5% - 平均年齢36.8歳
総務省、セキュリティ人材育成で検討会 - 地方での人材確保も焦点に