Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用

旅行者は、不正な決済が行われたと知らずに旅行し、その後旅行関連の事業者やクレジットカード会社などで不正決済だったことが発覚するという。

また旅行中に問題が発覚すれば、不正な決済のもと手配されていたことを知らずに訪日した旅行者との間でトラブルに発展する可能性もある。

同センターでは、インバウンドが増加する2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、「不正トラベル」の実態解明や排除に向けて関係者との連携を強化。

またクレジットカードの窃取へ注意を呼びかけるとともに、旅行の手配を行う場合は、信頼のおける正規サービスを利用するよう求めている。

(Security NEXT - 2018/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

シューズ通販ショップに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
「PayPay」装うフィッシング - 電子署名説明URLでも偽サイト誘導
プログラム改修ミスで料金を誤請求 - 東電子会社
まつ毛エクステ通販サイトに不正アクセス - 決済画面が改ざん
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
クイズ形式でクレカや個人情報漏洩対策を診断できるツール
JR東日本「えきねっと」にPWリスト攻撃 - アプリ経由で
業務用タピオカの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
クレジットカードのIC化率、3月末に99.5%