Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

募金サイトで他人クレカ番号による少額寄付 - 利用できるか確認か

24時間テレビチャリティー委員会は、募金サイトで他人のクレジットカードを用いた寄附行為が確認されたことを明らかにした。クレジットカードを利用できるか確認するために悪用された可能性がある。

同団体によれば、4月7日から同月13日にかけて繰り返しキャッシュレス募金サイトにアクセスし、本人以外のクレジットカード情報を用いて少額を寄付する行為が確認されたという。

大量のセキュリティコードを機械的に入力しており、少額寄付を用いてクレジットカード番号が利用できるか確認していた可能性がある。キャッシュレス募金システムからの情報流出については否定した。

同団体では被害が確認されたケースについては返金を行った。同団体では十分な対策を講じるまでクレジットカードによるキャッシュレス募金システムを停止。クレジットカード以外の募金については引き続き受け付けている。

(Security NEXT - 2024/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
公文書閲覧システムに個人情報など不開示情報を誤掲載 - 埼玉県
ランサムウェア被害でシステム障害が発生 - 岡山県精神科医療センター
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ
QNAP、アドバイザリ4件を公開 - 「QTS」の深刻な脆弱性など解消
GitLab、アップデートを公開 - 脆弱性7件を修正