Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Joomla」の開発チームは、セキュリティリリースとなる「Joomla 3.8.13」をリリースした。

今回のアップデートは、無効化したフォームよりメール送信されるおそれがある脆弱性「CVE-2018-17859」や、管理者によって任意のコードが実行可能となる「CVE-2018-17856」を修正。

さらに「CVE-2018-17858」にともなうクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)対策への強化など、あわせて5件の脆弱性へ対処した。いずれも重要度は「低(Low)」とレーティングされている。

同グループでは、最新版となる「Joomla 3.9」やプライバシーツールスイートを近く公開する予定だが、利用者が同バージョンへアップグレードする際、サードパーティの拡張機能などテストする時間を確保できるよう、今回の修正を実施したと説明。利用者にできる限り早く「3.8.13」へアップグレードするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ