Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に

人気オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」のデータセンターが、10月はじめよりワールドワイドで断続的にDDoS攻撃を受けていることがわかった。一部利用者において接続が切断されたり、ログインしづらくなる障害が発生している。

同ゲームを運営するスクウェア・エニックスによれば、ゲームサーバやネットワーク機器を対象とするDDoS攻撃を受けているもの。日本、北米、欧州の全データセンターが標的となっており、手法を変えつつ断続的に攻撃を展開。データセンターによって異なるパターンの攻撃を受けているという。

攻撃手法によって利用者に与える影響も異なり、もっとも高い頻度で攻撃を受けている欧州のデータセンターでは、攻撃が行われると数百人から数千人規模で接続が切れるおそれがある。また欧州と比較して規模は小さいものの、北米でも同様の影響が生じている。

一方国内のデータセンターでは、一部のISPを利用しているユーザーや、インターネット上の通信経路によっては、攻撃対策の影響で1秒未満の遅延が通信に生じる可能性がある。

同社では、サービス停止に陥らないよう、攻撃パターンに応じて対策を展開しており、引き続き上位ISPと連携しながら対策を進めていくと説明。対策の切り替え時にメンテナンスが必要となる場合は、別途アナウンスを行うとしている。

(Security NEXT - 2018/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EOLのマルウェア侵入対策製品がボットネットの標的に
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10
香川県のサイトが一時閲覧不能に - DDoS攻撃か
「DDoS攻撃」の脅迫メール、国内組織にも - 新手法も活用
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
ウェブサーバを踏み台とした「リフレクション攻撃」を観測 - 悪意ある「SYNパケット」に注意