Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増

警察庁は、2018年上半期におけるサイバー犯罪の検挙や認知状況を取りまとめた。オンラインバンキングにおける不正送金は、被害額ベースで減少傾向が見られた一方、仮想通貨では件数、被害額ともに大幅に増加している。

同庁によれば、2018年上半期におけるサイバー犯罪の検挙件数は4183件で、過去最悪となった前年同期の4209件から微減。相談件数は6万1473件で、前年同期の6万9977件を8504件下回った。

オンラインバンキングの不正送金被害は211件で、被害額は約3億7200万円。前年同期から件数ベースでは5件減、被害額ベースで1億9500万円減となった。

法人口座における被害額が約2億6600万円減となったことが影響。ただし、個人の被害は約7000万円増となっている。不正送金先としては、ベトナム人名義の口座が約65%を占め、中国人名義が約15%、日本人名義が約12%だった。

20180926_np_001.jpg
オンラインバンキングの不正送金被害額推移(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2018/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
「児童ポルノ」の削除要請、94%が削除 - 「リベンジポルノ」は79%
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
対GPONルータ攻撃を観測 - 同発信元から仮想通貨発掘ソフト狙うアクセスも
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多