Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、サイバー被害のオンライン通報窓口を設置 - 相談なども対応

警察庁は、管轄する都道府県警察へサイバー関連の事案について通報や相談が行えるオンライン受付窓口の運用を開始した。

都道府県警察における申請や届出を受け付ける「警察行政手続サイト」において、サイバー関連に対応する窓口を設置したもの。

マルウェアやフィッシング、改ざんなど、サイバー事案の被害に遭った具体的な事実を通知する「通報」、警察に対してサイバー事案のアドバイスを求める「相談」、サイバー事案に関する情報提供を行う「情報提供」についてそれぞれ窓口を用意。記入した内容が選択した地域の警察本部や警察署に通知される。

なお、犯行予告など緊急を要する場合は、110番へ通報するよう求めている。また土日や祝祭日、年末年始などは送信内容が開封されないため、急ぐ場合は最寄りの警察署へ連絡する必要がある。

(Security NEXT - 2024/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
先週注目された記事(2024年4月7日〜2024年4月13日)
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認