Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開

JPCERTコーディネーションセンターは、「Windows」の「Sysmon」により出力されたログの解析ツール「SysmonSearch」を開発した。GitHubより入手することができる。

同ソフトウェアは、「Windows Sysinternals」のユーティリティとして提供されている「Sysmon」のログを管理、分析できるツール。「Elastic Stack」と「Kibana Plugin」を活用しており、ログの検索や統計、可視化を行うことができる。

ログで記録されるプロセス、ファイル、レジストリなどの記録を1ノードとして定義。各ノードを関連付けて可視化することが可能。

「IPアドレス」「ポート番号」「ホスト名」「プロセス名」「ファイル名」「レジストリキー」「レジストリ値」「ハッシュ値」による検索に対応しているほか、STIX形式のデータをインポートして検索することもできる。また監視ルールを設定し、保存されたSysmonのログに対して検索し、ログを確認できる機能を用意している。

20180911_jp_001.jpg
「SysmonSearch」の画面(画像:JPCERT/CC)

(Security NEXT - 2018/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム