Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本語メールで不正「iqyファイル」が大量流通 - 国内IPでのみ感染活動を展開

拡張子が「.iqy」の「Officeクエリファイル」を使用し、マルウェアに感染させる攻撃が確認されている。8月上旬の大規模な攻撃では、日本国内でファイルを開いた場合にのみ「ダウンローダー」として動作し、マルウェアに感染させようとしていた。

「iqyファイル」は、「Excel」のウェブクエリ機能を利用する際に用いるファイル形式。通常「Excel」と関連付けられている。

細工された「iqyファイル」を開くと、セキュリティ上の問題があるとして警告アラートが表示され、「無効にする」を選択すれば特に被害は発生しない。しかし「有効にする」を選ぶと、「Office」の機能を用いて外部と通信。最終的に別のマルウェアがダウンロードされ、実行されるおそれがある。

5月に海外で公開された新手の攻撃手法で、「保護ビュー」の利用下においても攻撃を防止できないとして、セキュリティベンダーや関連機関が注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール