Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施

富士通は、総務省による「大規模スポーツイベントのボランティア管理等における公的個人認証サービスの利活用実現に向けた調査研究」事業を受託したと発表した。

同研究事業は、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの競技会場など、大規模スポーツイベントのボランティア管理などにおいて、マイナンバーカードを使った公的個人認証サービスの民間サービスにおける利活用を拡大するため、実用化に向けた課題の解決策とその推進策について検討するもの。

具体的には、ボランティアが身分証明書として身に付ける「アクレディテーションカdeード(資格認定証)」の発行システムと、身分証読み取りシステムが連携する際の技術面や運用面で想定される課題を整理し、解決策を検討する。また、マイナンバーカードを読み取る際の性能面、運用面、セキュリティ面の比較検討も行う。

整理した課題を踏まえ、大規模スポーツイベントのボランティア管理にマイナンバーカードを活用する方策について、運用面やコスト面を含めた検討を行い、提言を取りまとめる予定。

検証にあたっては、11月に開催される「ITUトライアスロンワールドカップ」で、アクレディテーションカード発行に必要となる身分証の電子的な読み取りや、情報を連携するための機能などフィールド実証を実施する。

(Security NEXT - 2018/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
総務相、自治体へマイナンバー制度の推進を要請
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
全従業員のマイナンバーを収集した企業、7割から8割
LINE、「マイナポータル」と連携 - 2017年中に電子申請案内サービス
2016年度のマイナンバー関連事故は165件 - 6件が「重大な事態」
特定個人情報の漏洩発生時の対応について一部改正
2016年のDLP市場は56億円 - プラス成長確保も伸び悩み
改正個人情報保護法、3割強は全面施行までに対応まにあわず