Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー

テリロジーは、米Lastlineのクラウドメール向けセキュリティサービス「Email Defender-Cloud」と、組織内部における感染を可視化する「Network Defender」を提供開始した。

「Email Defender-Cloud」は、API連携を通じてマルウェアを検知するクラウド型メールサービス向けセキュリティサービス。提供当初は「Office365」と「G Suite」に対応。今後はクラウドストレージにも順次対応する予定。

「Network Defender」は、組織内ネットワークにおけるフロー情報を収集し、侵入したマルウェアによる情報収集、外部との不正接続、脅威の拡散などの活動を可視化するソリューション。「Email Defender」との連携にも対応している。

「Email Defender-Cloud」の年間利用料は、1ユーザーあたり1万260円。最小契約数は50ユーザーから。「Network Defender」の年間利用料は1万6092円。最小契約数は250ユーザーから。

(Security NEXT - 2018/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック